工学部海外短期留学プログラム

海外派遣プログラム

工学部(府)では、国際社会で活躍する人材の育成を目的に、日本人学生向けに年2回(春・夏)部局独自の海外短期留学プログラム(Q2PEC / ELEP)を企画・実施しており、毎年、アメリカとオーストラリアにそれぞれ約20~30名の学生を派遣しております。
奨学金を受けて海外留学しませんか? 多くの方の募集をお待ちしています!!

Why Q2PEC・ELEP?

  1. 工学部(府)生のための短期留学プログラム
  2. 工学部(府)より4単位の付与あり 
  3. JASSO奨学金および工学部(府)独自の経済支援あり
  4. 九大職員・現地サテライトオフィスのサポートあり

詳細は工学研究院附属国際教育支援センターのホームページへ 

Q2PEC

オーストラリアで語学研修+異文化交流
Qshu-Queensland Program for English Communication

Q2PECは、「英語によるコミュニケーション能力の向上」と「異文化交流」に焦点を当てたプログラムです。レベル別クラスで集中的に学ぶことで、英語力を飛躍的に向上すると共に、大学の研究室での学生と交流や研究所などへのフィールドトリップに参加することを通して、グローバル・ マインドセットを醸成し、大学院への研究留学の意識を涵養することを目指します。

  • 実施期間:6週間(8月下旬~9月)
  • 募集時期:4~5月
  • 派 遣 先:豪州・クイーンズランド州・ブリスベン
  • 受入機関:クイーンズランド大学附属英語学校
    (Institute of Continuing & TESOL Education )
  • 訪 問 先:オーストラリア連邦科学産業研究機構
    (CSIRO)やクイーンズランド大学内の研究室等
  • 協力機関:UQ-KU Project 九州大学研究教育交流拠点
≪参加学生の声≫
このプログラムの中で、自分が想像していた以上に様々なことを経験し、自発的に行動することが多々あり、自分について見つめ直す良いきっかけになった。特に、日本で両親に甘えていたことに気づかされ、責任のある大人になるための一歩を踏み出すことができたのは大きな収穫だった。さらにオーストラリアでたくさんの友達ができ、自分の世界がさらに広がった。
(工学部・物質科学工学科)

ELEP

シリコンバレーで英語研修+起業家精神
Engineering Leaders English Program

ELEPは、「英語力ブラッシュアップ」と「アントレープレナーシップ(起業家精神)の涵養」に焦点を当てたプログラムです。英語研修に加え、起業家やベンチャー・キャピタルによる講義を受け、フィールドトリップに参加することを通して、シリコンバレーでイノベーションが生まれ続ける仕組み(エコシステムなど)を理解することを目指します。

  • 実施期間:5週間(2月下旬~3月)
  • 募集時期:7~10月頃
  • 派 遣 先 :米国・カリフォルニア州・サンノゼ
  • 受入機関:サンノゼ州立大学附属英語学校
    (International Gateways)
  • 訪 問 先: Stanford大学などの一流大学や  
    Google・intel・LinkedInなどのトップ企業
≪参加学生の声≫
世界的に有名なIT起業がひしめいているシリコンバレーに来ることで自分の専門分野に対してより一層熱意を持てた。現地でエンジニアとして働いている方の考えを聞くと、「自分はこのままではだめだ、変わらなくては。」と感化される。自分の将来について深く考える良いきっかけになった。 
(工学部・電気情報工学科)