航空宇宙工学科

最先端の知識と技術を結集し、空と宇宙のフロンティアを切り拓く夢へ踏み出す第一歩

航空宇宙工学科日本の航空宇宙開発は近年急速に進展しており、はやぶさ1・2号機による小惑星探査は記憶に新しく、新型国産ジェット旅客機や次期基幹ロケットH3、月や火星を目指す深宇宙ミッションも進行しています。また、超音速旅客機や電動航空機といった次世代モビリティの開発も活発に進められています。

空を飛び宇宙を切り拓くには、正確な法則と現象の理解、先進的な技術に基づく緻密な設計・製造・運用が必要です。航空宇宙工学は、様々な領域の原理を探求し、最先端の技術と英知を結集することにより、空と宇宙をより安全・身近にし、活用・開拓することを目指す学問分野です。航空宇宙工学科は、航空機や宇宙機の開発に不可欠である、基礎知識と応用的アプローチ、実践的スキルを身につけ、総合的な視点と考え方を育むためのカリキュラムを備えた学科です。

航空宇宙工学科本学科は、日本人初の国際宇宙ステーション船長となった宇宙飛行士の若田光一さんをはじめ、宇宙開発や航空産業の第一線で活躍する人材を数多く輩出しています。また、JAXAや企業、海外との共同研究も盛んに行っており、研究者・技術者としての道を踏み出すには最適の場所です。皆さんも航空宇宙工学科で学び、空や宇宙の夢を追求し、現実に変えてみませんか?

先輩インタビュー

学生写真

2017年
機械航空工学科 入学
(航空宇宙工学コース)
名前
武雄高校(佐賀県)出身

Q1 あなたがこの分野を選んだ理由をお聞かせください。

幼いころから物を作ることが好きだったので、産業やものづくりに関わりが深い工学部に進学することは早くから決めていました。その中でも機械が精巧に動く様子に惹かれ、飛行機や自動車の動くメカニズムを数式で解明したいという想いから今の機械航空工学科を選びました。

Q2 この分野を選んで良かったことをお聞かせください。

まず、航空機や宇宙機についてとことん詳しく学べるので楽しいです。大学入学当初は物理や数学の基礎を固め、3年生になってからは本格的に専攻の授業が始まります。航空機の翼周りに注目して飛行する原理を知る「流体力学」や、宇宙機が打ち上げられてから目的の軌道まで導くための理論を学べる「軌道力学」は特に興味深く、実際の機体の仕組みを理解できるのでとても面白いです。
また、環境にも非常に恵まれていて、自身を大きく成長させることができます。学内では、最先端の研究やそれに従事する教授の方々に触れながら日々を過ごすことができ、更に、友人や先輩は勉学の他にも鳥人間サークルや宇宙機のプロジェクト、海外留学に積極的に挑戦する人ばかりでレベルも高く、よい刺激をもらっています。このような環境に身を置くことで、自分自身により磨きをかけることができました。

Q3 この学科を目指す受験生・高校生へのメッセージをお願いします。

大学での学びは難しそうに見えますが、その根本は日常生活の中にある「なぜだろう?」を解明していくところにあります。機械航空工学科においては、力学などの原理を利用して物を生み出し、世の中をより良くするために研究が行われています。ぜひ、皆さんも自分の中にある疑問やワクワク感を大事にして、学びに来てください。応援しています!