土木工学科

持続的で豊かな国土や都市を構築するための技術を学ぶ

土木工学科

上西郷川の再生プロジェクト。洪水が頻発していた川の改修において、治水対策と同時に自然環境の再生を実現し、2016年土木学会デザイン賞最優秀賞を受賞しました。

土木工学は、私たちが安全・安心で豊かな暮らしを営むために必要となる国土の基盤(都市、道路、河川、海岸、山林など)を整備・保全するための幅広い学問です。頻発する災害に対する防災技術、人工的な都市と自然や生態系との調和を目指すグリーンインフラ、ビッグデータを使った次世代型の交通サービス、耐久的な構造物を構築するための新素材の開発なども土木工学の分野です。

土木技術は人類の歴史とともに発展してきました。道路、橋、上下水道、鉄道、港などによって現代の社会は成り立っています。世界ではいま、環境・社会・経済の問題が山積しています。土木工学は、伝統的な技術を継承・発展させるとともに、最先端の技術(AI、自動運転、5Gなど)を取り入れながら、50年後、100年後、その先の未来を見据えた持続的で豊かな国土や都市を構築していきます。

土木工学科

スーパーコンピューターによる津波シミュレーション。VR(仮想現実)を用いたバーチャル避難体験などの啓蒙活動や,避難計画の立案に活用されています。

変化の激しい世の中で、さまざまな技術やアイディアを結びつけ、国内・国外を問わず、それぞれの地域で市民の暮らしを豊かにできる土木技術者(Civil engineer)が必要とされています。土木工学科では、卒業後に第一線でCivil engineerとして活躍できるよう、専門知識だけでなく、マネジメント力、コミュニケーション能力、リーダーシップ、倫理観を養うことができます。

先輩インタビュー
学生写真

2017年
地球環境工学科 入学
(建設都市工学コース所属)
名前
佐世保北高校(長崎県)出身

Q1 あなたがこの分野を選んだ理由をお聞かせください。

私は高校生の時に発展途上国のインフラの整備であったり、地方都市の活性化などに興味があったため地球環境工学科の建設都市コースを目指しました。

Q2 この分野を選んで良かったことをお聞かせください。

建設都市工学コースでは、私たちが暮らしていく中で必要不可欠なものである社会基盤やそれらを取り巻く環境等について学ぶことができます。そしてこのコースの特徴は、ほかの学科と比べてフィールドワークが多いことです。3年次の授業では実際に商店街に赴き、住民の方と協力して町を活性化させるようなプロジェクトに取り組みました。その時は住民の方たちの熱量を肌で感じながら改めてこのコースで学ぶことの重要性を感じました。さらに、建設都市工学コースでは3年次の夏学期の授業がすべて休みとなるサマープログラムを導入しており、夏休みと合わせると4か月間を自分の学びたいことに充てることができます。私はこの時間を利用して高校生のころから興味のあった東南アジアへの留学と3つの企業のインターンに参加し、視野を広げる貴重な時間となりました。そして4年からは、興味を持っていた防災分野の研究にとりかかり非常に充実した学生生活を送っています。

Q3 この学科を目指す受験生・高校生へのメッセージをお願いします。

大学での勉強は自分の興味のある専門分野であったり実践的なことに取り組むことができるためとても楽しいです。皆さんも将来自分のやりたいことを考えて、その目標に向かって受験勉強頑張ってください。