化学システム工学専攻

教育目標

化学システム工学専攻新しい化学・物理現象,新規物質,生体生命の新しい機構などを発見し体系化することを追求するとともに,原子分子レベルから,生体,情報,生産,地球環境レベルまでの複雑なシステムを総合的に解析,高度化,創造するための教育と研究を行います。分子物理化学に基づいて新しい機能を有する物質を発見することとその機能を発現するためのプロセッシングの開発,原子分子レベルで物質を測定して新しい性質を見出す計測システムの開発,化学情報の変換システムの設計,原子分子の新規組織化による機能性物質の設計と生産プロセスの開発,人工組織・臓器の構築技術の開発,酵素,微生物,動植物細胞などの生体システムの高度利用とバイオリアクターの開発,環境,エネルギー,資源などの人類生存にかかる大規模システムの解析と創製などを対象にした教育研究を行います。

アドミッションポリシー

化学システム工学は,新しい化学・物理現象,新規物質,生体生命の新しい機構などの発見・解析および体系化を通して現代社会の持続的発展と未来社会を支 える基盤となる技術や材料の創成を目指す学問です。
本専攻での就学を 目指す学生には次のことが期待されます。

  • 物質・材料に関する科学的基礎知識を身 につけていること
  • 技術者・研究者に必要な一定の教養・倫理観を身につけていること
  • 積極的に学習を進めることのできる意欲,自主性があること
  • 国際的社会に対応するために必要な語学的素養を身につけていること

専攻の概要

化学システム工学専攻化学システム工学専攻

本専攻は以下の大講座により構成されています。

分子システム化学 分子集合体の機能を高度に発現させた化学プロセスの開発を目的とし,分子集合体の物理化学的特性の究明を行い,物質生産を効率的に行うための流体の発現および制御に関する教育と研究を行います。
分子情報化学 科学における新しい現象を見いだすためのレーザー計測機器の実用化を目指した分析システムの開発,物質環境評価のための化学計測法やナノテクノロジーによるバイオ分析化学に関する教育と研究を行います。
バイオプロセス化学 生物的なあるいは生化学的な反応を利用して,人に有用な各種の化学物質を生産することができます。このようなバイオプロセスに関わる諸問題について,有機化学,生化学,反応速度論,化学・生化学計測,物質移動工学等の基礎的な立場から教育と研究を行います。
生物化学工学 バイオテクノロジーに関連して,人工組織・臓器の構築技術の開発,生体関連有用物質の生産のため,酵素,微生物,動植物細胞,生物個体等を用いたバイオリアクターの開発,およびバイオマテリアル,新規生物活性化合物の設計と合成に関する教育と研究を行います。
環境調和システム工学 地球環境,エネルギー問題の解決,さらには,環境調和型物質生産システムを構築するために,環境対策システム,エネルギー利用システムおよび物質生産システムの開発,設計,管理に関する教育と研究を行います。

教育・研究分野

  • 工業物理化学 岩井研究室
  • 応用分析化学
  • 化学環境工学
  • バイオプロセス化学
  • 分子生命情報システム
  • 生物化学工学 上平研究室
  • 生体材料化学 三浦研究室
  • 流体操作学 渡邉研究室
  • 熱エネルギーシステム工学 深井研究室
  • プロセスシステム工学 柘植研究室

シラバス

化学システム工学専攻で開講されている全講義のシラバスは,下記サイトをご覧ください。