物質創造工学専攻

教育目標

物質創造工学専攻化学は物質のなりたちを原子や分子レベルで考える学問であり,人々の暮らしの進歩・安全・幸福に貢献することができます。物質創造工学専攻は新しい分子や物質の創造によって次世代の化学をリードします。本専攻では学生ひとりひとりが国際レベルの研究・開発を行うために必要な知識と技術を身につけられるように指導します。化学(物質科学)あるいはバイオサイエンスの幅広い領域で活躍できる研究者・技術者を育成することが我々の目標です。

アドミッションポリシー

本専攻は,学部において応用化学または関連分野を修得し,幅広い製造業の分野での活躍を目指す学生や,応用化学あるいはバイオサイエンス関連の研究者を目指す学生を求めています。本専攻での修学を目指す学生には次のことが期待されます。

  • 基礎的な化学知識をふまえて応用研究に取り組む意欲のある学生
  • 新しい学問分野に挑戦する積極的な学生
  • 忍耐力をもって真実探求を推進できる学生
  • 技術者としての倫理観を有する学生

専攻の概要

物質創造工学専攻物質創造工学専攻

本専攻は,5つの大講座(6研究室),協力講座として1つの大講座(3研究室)と1研究室を加えた計10研究室が協力して研究教育活動を行っています。有機,無機から生体分子に至る幅広い物質を研究対象とすることが,他大学,他専攻にはない特色です。具体的には,新しい機能性有機物質の開発,原子・分子レベルからの高機能セラミックスの設計,従来にない高度な機能を持つ触媒や光・電子機能分子材料の開発,ナノレベルにおける分子の集合化とそのチームワーク特性の研究,また究極の膜材料であるナノ超薄膜の開発などを進めています。さらに,有機化学と無機化学,さらには生命分子科学の融合化・複合化により,分子科学を基盤とする新しいサイエンスとテクノロジーを開拓しています。

教育・研究分野

  • 応用無機化学
  • 有機機能分子化学
  • 生体機能化学
  • グリーンケミストリー
  • 有機光エレクトロニクス
  • 先導物質化学研究所(超分子化学)
    木戸秋研究室,高原研究室,吉澤研究室
  • 稲盛フロンティア研究センター
    安田研究室

シラバス

物質創造工学専攻で開講されている全講義のシラバスは,下記サイトをご覧ください。