建設システム工学専攻

教育目標

建設システム工学専攻建設システム工学専攻では,社会基盤施設に用いられる高性能建設材料,施設の構造強度・耐久性の設計と維持管理,地盤の強度や改良・補強技術,地圏環境(地表および地下)の利用・評価,防災システムなどを含めた建設システム工学に関する総合的な教育と研究を行い,将来の社会基盤を支える技術者・研究者・教育者を組織的に養成することを目指しています。本専攻では,この目標を達成するために以下のような教育を行います。

  • 体系化された基礎から応用にわたる高度な専門教育
  • 産官学連携によるインターンシップ,TA・RA制度等の活用による実践的教育
  • 国際性を重視した教育
  • 研究の全プロセスを通して,リーダーシップ能力や問題の自己解決能力を涵養する教育

アドミッションポリシー

建設システム工学は,構造物の設計・建設技術の高度な技術体系への展開,深刻化する防災問題に対して従来の技術を超えた社会基盤システムの再構築を行う学問です。本専攻での就学を目指す学生には,次のことが求められます。

  • 構造工学,建設材料学,地盤工学に関する科学的基礎知識を身につけていること
  • 技術者・研究者に必要な一定の教養・倫理観を身につけていること
  • 積極的に学習を進めることができる意欲・自主性があること
  • 国際社会に対応するために必要な語学的素養を身につけていること

専攻の概要

建設システム工学専攻建設システム工学専攻

建設システム工学は,地球環境問題,あるいは深刻化する自然災害から人の暮らしを守り,豊かな社会・経済活動を支える基盤をつくることで,持続可能な安全・安心な社会を実現するために必要不可欠な学問分野です。主な教育・研究分野は,構造工学,地震工学,建設材料学,地盤工学,防災工学です。具体的には,社会基盤施設に用いられる高性能建設材料の開発,施設の構造強度・耐久性の設計と維持管理,地盤の強度や改良・補強技術開発,地圏環境(地表および地下)の利用・評価,防災システムなどを含めた建設システム工学に関する総合的な教育と研究を行っています。

  • 社会基盤・防災関係分野(官公庁,公営企業,民間建設業など)において幅広い職種に対応できる高度技術者に対応できる高度技術者
  • 責任感・倫理感を持ち,総合的に判断できるジェネラリスト
  • 計画的かつ効率的に実務を遂行できるマネジメント能力を有したリーダー
  • 東アジアをはじめ,世界を舞台に活躍できる国際派技術者
  • 高度な技術,知識を有する研究者(博士課程進学者)

教育・研究分野

  • 構造解析学研究室
  • 建設振動工学研究室
  • 建設材料システム工学研究室
  • 地圏環境システム工学研究室
  • 地盤工学研究室
  • 防災地盤工学研究室
  • 生産システム工学研究室

シラバス

海洋システム工学専攻で開講されている全講義のシラバスは,下記PDFファイルをご覧ください。