材料物性工学専攻

教育目標

材料物性工学専攻無機,金属,半導体,ハイブリッド,有機,高分子,バイオ材料を教育・研究対象とし,これら機能材料の物理的,化学的,生物的,力学的特性をナノ領域からマクロ領域にわたる定量的な評価・制御に関する教育・研究を行います。
そのために,

  1. 材料の諸特性の理解,評価,応用に関する能力養成のための高等専門科目および先端科目について,授業評価を導入して定期的見直しを行い,内容の改善と充実をはかります。
  2. 材料の物性評価や開発研究に関する問題提起能力,課題探求能力を養成するための能力開発スクーリング科目を拡充して,同時に材料評価技術の習得などの実践的教育を行います。
  3. 材料の特性に応じて専攻横断型カリキュラムを実施し,情報集約や研究企画能力を向上させます。
  4. 国際的感覚に富む技術者,研究者,指導者としての資質向上を図るため,国際会議での発表を推奨する制度を設け,TA,RA制度を充実させます。

アドミッションポリシー

エネルギー・環境問題の改善,高度な医療と情報化に基づく豊かな社会創りに要求される機能材料の創製とナノスケールでの物性評価・制御,すなわち材料ナノテクノロジーの推進に指導的役割を果たし得る技術者・研究者の育成をめざしています。そのために,無機,金属,半導体,ハイブリッド,有機,高分子,バイオ材料を創製し,それらの物理的,化学的,力学的特性をナノ領域(電子論,量子論)からマクロ領域(力学,熱学,統計力学,溶液論)にわたって体系的かつ定量的に理解する能力を涵養します。さらに材料のナノスケールでの物理・化学的評価を可能とする各種分析・解析手法に関する知識を習得して,総合的かつ国際的な能力を養成します。

専攻の概要

材料物性工学専攻材料物性工学専攻

材料物性工学専攻の教員は応用化学部門,あるいは材料工学部門に所属しており,それぞれの専門分野を織り交ぜることで学際的な研究,および分野横断的な教育を行っています。主として4つの研究・教育グループに分けられますが,お互いの緊密な連携のもとに運営されています。

分子組織化学
分子組織化の基本単位である素構造の設計・合成と素構造の2次元あるいは3次元配列制御による高次組織の構築および高次組織の構造・物性・機能評価に関連した分子組織化学の基礎となる教育と研究を行います。

機能物性化学
光・電子機能性物質の設計・合成と構造制御,光・電子機能性物質の量子論的解析と応用,有機・無機半導体の設計・合成とデバイス化,高選択性物質分離膜の作製と評価などの機能物性化学の基礎に関する教育と研究を行います。
材料組織科学
各種相変態あるいは処理により材料の組織を制御し,新しい特性あるいは最適特性を発現させるための原理,新しい材料設計,および極微小領域の組織解析の手法の評価と開発に関する教育と研究を行います。

機能材料工学
原子・分子操作,表面反応制御,結晶欠陥制御による高機能半導体,金属,セラミックス材料及び先端的薄膜材料等の作製と物性の評価,さらに,環境に調和した新機能材料の設計と評価に関する教育と研究を行います。

教育・研究分野

  • 高分子物性学
  • 応用光化学
  • 機能性無機材料学
  • 堀田研究室 材料組織創製学
  • 高木研究室 構造材料工学
  • 金子研究室 ナノ材料組織解析学
  • 向田研究室 先端機能材料工学
  • 山崎研究室 表面機能創成学(稲盛フロンティア研究センター)

シラバス

材料物性工学専攻で開講されている全講義のシラバスは,下記サイトをご覧ください。