研究室紹介

光エレクトロニクス研究室

総合理工学研究院 エネルギー科学部門

総合理工学府 量子プロセス理工学専攻

工学部 電気情報工学科

  1. 将来の健康診断装置等への適用を目指し、携帯へ搭載可能な光センシングシステムの研究を行っています。
  2. 世界で初めて実証した“アクティブMMI現象”を用い、世界最高速比100-1,000倍以上のTbps(毎秒1テラビット、テラ:10の12乗)級動作を目指した超高速半導体レーザの研究を行っています。
  3. 現在の1000倍以上の伝送容量増大を目指し、空間モードを人工的に交換することのできる光モードスイッチ(世界初)を研究しています。

光エレクトロニクス研究室

所属教員

浜本 貴一 教授 /姜 海松 助教

主な研究テーマ

  • 携帯健康診断を目指した光バイオセンシングデバイス
  • 超高速ネットワークを目指した次世代半導体レーザ
  • 超大容量通信用光モードスイッチ
« 戻る