機械工学科

あらゆるアイデアや技術を形あるものにする機械技術者と研究者の入口

機械工学科機械工学は、スマートフォン、コンピュータ、家電製品、空調機、自動車、飛行機などの身近なモノ、ロボット、医療器械、建設機械、工作機械、食品機械など専門分野で活躍するモノ、発電所や燃料電池などエネルギーを供給すためのモノやシステム、さらにはそういった「見える」モノに使われている部品や素材など、あらゆるモノを作るための基盤となる学問です。

機械工学科機械工学科では、安全で安心できるモノを作るために必要となる材料力学、機械力学、流体力学、熱力学・伝熱学、設計法、制御、加工技術など、あらゆる基礎知識と概念を学修するとともに、実習、実験、製図など自ら手を動かしてそれらの知識を自分のものにすることができます。そして、全体を通して、様々な観点でバランスを考えて判断するものごとの見方を身につけます。さらに、生体工学や水素利用技術など、生物・医療やエネルギー・材料など従来の枠を越えた分野も学ぶことができ、これから変わりゆく時代に柔軟に対応するだけでなく、新しい時代を自ら切り拓くことのできる技術者や研究者の基礎を築くことができます。

先輩インタビュー
学生写真

2017年
機械航空工学科 入学
(機械工学コース所属)
名前
広島城北高校(広島県)出身

Q1 あなたがこの分野を選んだ理由をお聞かせください。

理数系が得意でそれを総合的に活かしたいと思ったので工学部を選びました。その中で機械航空工学科を選んだのは日常で使う機械の仕組みを詳しく知りたいなと思ったからと、現代の暮らしをより快適にするような機械を作りたいなと思ったからです。

Q2 この分野を選んで良かったことをお聞かせください。

2年次から機械系の実験を授業で受けるのですが、そのレポートを書くときに自分で調べて考えたりするので考える力が養われたのが良かったなと思います。座学では「材料力学」、「流体力学」、「熱力学」、「機械力学」といった四力学と呼ばれる機械を実現する上で不可欠な学問を学べるので、その中で自分が何の分野に興味があるのかはっきり分かる所が良かったと思います。

Q3 この学科を目指す受験生・高校生へのメッセージをお願いします。

勉強面に関しては、大学に入ってから数学と物理は頻繁に使うのでこの2教科を重点的に勉強したら良いと思います。ただ単に公式を暗記するのではなく、その原理や意味を考えることがより深い理解に繋がると思います。生活面に関しては、大学に入ってからは自分で計画を立てて行動するので今のうちから計画を立てていく癖を付けると後々楽になると思います。