先輩インタビュー

物質科学工学科

学生写真

Q1 九州大学 工学部 物質科学工学科 化学プロセス・生命工学コースを選んだ理由を教えてください。

大学では分野にとらわれず多くのことを学びたいと考えていたので,幅広い分野を学べる化学プロセス・生命工学コースを選びました。また,研究と生産の現場の橋渡しとなる学問を勉強できるということに興味を持ち,それが私のやりたい仕事のイメージに合っていたからです。

Q2 九州大学 工学部 物質科学工学科 化学プロセス・生命工学コースではどんなことを学んでいましたか。

2年次までは一般教養,3年次には,専攻科目として化学工学という分野を学んだ後,4年次に研究室に配属されます。私の研究室では,環境に優しく安全な化学プロセスの設計と運転の実現を目指し研究を行っています。化学プラントの運転を安全に管理するために,プラント内の状態を把握する手助けとなるシステムの開発や,省エネルギー化のためのプロセス設計支援システムの研究などをしています。

Q3 九州大学 工学部 物質科学工学科を目指す人へのメッセージ

明確な夢を持ってこの学科に決めた人はもちろんですが,なんとなく選んだ人でも,充実した日々を過ごせる学科だと思います。いろいろな講義を聞き,さまざまなことを経験し,多くの人と出会い,広い視野を持てるようになることで自分自身が成長できる場だと思います。まずは,合格を目指して受験勉強頑張ってください。

学生写真

Q1 九州大学 工学部 物質科学工学科 応用化学コースを選んだ理由を教えてください。

私は将来,研究者という立場からモノづくりを行いたいといった夢を持っていました。応用化学コースではそのための基礎を学ぶことが出来て将来に活かせると感じましたし,最先端の機器に囲まれ,恵まれた環境で研究が行える点も魅力に感じました。

Q2 九州大学 工学部 物質科学工学科 応用化学コースではどんなことを学んでいましたか。

3年生までは講義によってあらゆる化学について学び,4年生からは研究室に配属されて実験のやり方,考え方を学びました。私自身は研究室で,医療用材料への応用に向けたハイドロゲルの研究を行い,材料をつくって評価するところまで行えるようになりました。

Q3 九州大学 工学部 物質科学工学科を目指す人へのメッセージ

モノづくりがやりたい人に打って付けの学科です。化学,バイオ,材料などと,あらゆる分野について学べるため,将来の夢が明確でない人もやりたいことを必ず見つけられるのではないでしょうか。自分を成長させることが出来る環境があり,きっと充実した日々が送れるはずです。

学生写真

Q1 九州大学 工学部 物質科学工学科 材料科学工学コースを選んだ理由を教えてください。

私が,九州大学の物質科学工学科を選んだ理由は,鉄についての高いレベルの知識を得たいと思ったからです。私は高専時代,主に金属について学んでいました。高専を卒業して就職するか迷いましたが,もっと専門的な知識を身につけられる環境に身をおいて,社会に貢献できるような人材になりたいと思ったため進学を決意し,全国の材料系学科なかで,最も長い歴史と伝統を誇る九州大学の物質科学工学科を選びました。

Q2 九州大学 工学部 物質科学工学科 材料科学工学コースではどんなことを学んでいますか。

材料科学工学コースでは,主に金属や半導体の基礎的な知識を学ぶことができます。特に金属の構造や特性,組織制御方法など,より良い材料を作るため,さまざまな角度から学びます。

Q3 九州大学 工学部 物質科学工学科を目指す人へのメッセージ

物質についての研究は,どんな時代でも必要とされ,これから先も必ず必要となると考えられます。また先生方は,日本のトップクラスの方々であり学生思いで熱心の方ばかりなので,社会に必要とされる人材になることができます。まずは合格を目指して受験勉強を頑張って下さい。