量子物理工学科

目に見えないミクロな物理現象の解明と応用で、人類社会の発展に貢献する技術者と研究者の入口

量子物理工学科九大工学部に新設された量子物理工学科は、量子が持つ機能を物理学の立場で使いこなし、新しい技術を開拓する挑戦的な学問分野へとつづく道です。

近代物理学の新しい学問体系である量子力学と相対性理論の出現はそれまでの物質や時間・空間に対する認識を一新させました。これにより原子核、原子、分子、電子などのミクロな実体から、その集合体である物質、さらには宇宙という巨大な世界までを体系的に理解できるようになりました。

同時に、この学問体系は半導体や超伝導体などの開発、加速器や電子顕微鏡を用いた先端計測、放射線・粒子線を用いた医療応用、原子力や核融合などのエネルギー開発といった様々な技術の基盤となり、我々の生活を豊かにしてきました。これからも、スマート社会を支える高度な情報処理技術やデバイス、医療や先端研究で用いる高感度センサー、将来のエネルギー源、環境保全の基盤技術など、量子物理は最先端の技術創成に欠くことができません。

量子物理工学科では量子力学や相対性理論とともに力学、電磁気学、熱力学、統計力学などの現代物理学を構成する基礎的学問を系統的に学修します。その上で応用物理学、量子ビーム、加速器工学、原子核/原子力工学などについても学ぶことで量子物理の基礎と工学応用へのセンスを身につけます。これにより、大きく変わりゆく時代に柔軟に対応し、新しい時代の科学と工学を自ら切り拓いていく力強い技術者や研究者を育成します。

先輩インタビュー

学生写真

2017年 エネルギー科学科 入学
名前
浜松南高校(静岡県)出身

Q1 あなたがこの分野を選んだ理由をお聞かせください。

私が量子物理工学科の前身であるエネルギー科学科量子理工学コースを選んだのは、2011年に起きた東日本大震災がきっかけでした。福島第一原発事故をテレビで目の当たりにして、この事故は防ぐことが出来なかったのかと真剣に考えたのがきっかけで、原子力について扱っているこの学科を志望しました。

Q2 この分野を選んで良かったことをお聞かせください。

この分野では、地球規模のエネルギー問題・環境問題を取り扱うために、「量子論」というミクロな体系を勉強することになります。この、「地球規模」の現象を「ナノスケール」の微視的観点からアプローチしていくというのが非常に面白い所です。一見「量子論」は私たちの生活には馴染みがないように思えますが、スマホやデジカメなど量子論の概念なしには存在しえません。また、量子コンピュータや超伝導モータなどの先端技術も量子論に基づいています。
またこの分野では実験の授業のサポートがとても手厚く、どの工程でもTAや先生方に助言を頂けます。実験の内容も幅広く、放射線を計測したり、プログラミングをしたり、電子回路を組んでみたりと、普段なかなか体験できないような実験を楽しむことができます。

Q3 この学科を目指す受験生・高校生へのメッセージをお願いします。

新学科は、エネルギーについて興味がある人、また、物理が好きな人におすすめできる分野です。また、工学に興味があるが、まだ何がやりたいか明確に決まっていない人にも良い環境です。大学での授業では、高校までに断片的に学んできた物理の分野が相互に繋り、知見が広がってとても面白いはずです。また、社会でどのように物理が使われているかも知ることが出来るので、物理についての楽しさを知ることが出来る学科です。高校で学んだことは必ず大学以降にも活きると思うので、高校での勉強を頑張って頂きたいと思います。