建築学科

学部教育

ホーム  >  学部教育  >  建築学科

建築学科

何を追究するのか

写真

建建築は使いやすくて,美しくて,しかも丈夫でなければなりません。建築学は技術的問題に限らず,社会的・文化的問題まで及ぶきわめて広い領域にかかわっており,建築にたずさわる者はこれらの多様な要素を総合的にまとめあげてゆく能力を必要とします。そして,総合的な技術・知識の理解が要求されるばかりでなく,芸術的な造形能力も必要です。建築学科では,住宅から都市に至るまで人間の多様な生活に密着した空間をつくり出すために,建築文化を歴史的に顧みながら,建築を理念的に計画し,具体的な形に設計する方法,快適な環境をつくり出すための環境工学,壊れない建物をつくるための建築構造技術,建築を構成する材料の理解とその施工技術などについて教育・研究を行なっています。

機能的な空間をビューティフルにつくる

写真

世界著名な建築家:伊東豊雄氏の
指導を受けて実際建てられた学生の作品

計画の分野では,建築を計画し設計するために必要な知識を学ぶとともに,設計の演習を通して芸術的な造形力を養いながら,具体的な空間をデザインする手法を習得します。計画・設計は個別的な建物にとどまらず,人間の個人生活・社会活動の場として都市にまで広がります。そこで将来のあるべき都市像を求め,都市を計画する手法や快適な都市空間を創造するための都市デザイン手法も学習します。

快適な空間をリッチにつくる

写真

建築設計演習の授業風景

建築にはシェルターとしての役割もあり,屋根や壁や窓を通して自然を遮断したり,また受け入れたりします。この環境調整機能は空気調和設備や照明設備などによって補完され,用途や季節に応じて多様な空間性能を付加することができます。建築や都市の環境分野では,人間・建築・都市とエネルギー・物質・情報とのかかわりについて,その基本的法則と構成メカニズムを学び,快適な居住空間を創造するのに必要な環境調整技術を習得します。

安全な空間をスマートにつくる

写真

学生卒業設計の作品

構造の分野は,建築学の中では自然科学の応用である工学としての最も整った体系を持っています。そこでは,建物を支えている柱・はり・壁などの骨組の構造学,建物に作用する応力の解法及び設計法を学び,演習を通して構造設計の技術を習得します。また,建物を構成する各種の材料の特性を学んで,建築材料の適正な使用法,さらに設計意図を施工に反映し,しかも経済的に完成させるための建築施工法を学習します。

なお,建築学科は平成29〜30年度に伊都キャンパスへ移転する予定です。それまでは創立以来の箱崎キャンパスで教育・研究を行います。
このページの先頭へ