電気情報工学科

学部教育

ホーム  >  学部教育  >  電気情報工学科

電気情報工学科

何を学ぶ?

写真

21世紀の科学技術を先導できる人材の育成を目指して,「電気」と「情報」を統合的に学ぶことができる学科として設立されました。インターネットを実現する情報通信技術,人間を支援する人工知能技術やロボット制御技術,半導体集積回路を作る超LSI技術,省エネルギーのための環境制御技術,電気抵抗ゼロの超伝導技術といった先端的な夢のある技術を修得して研究開発の最前線に加わりませんか?

コンピュータ・情報処理関連技術

写真

Eric:本学科の教員が開発した世界初の
二電子積分計算専用LSI
(分子構造計算用のマルチコアプロセッサ)

ハードウェア技術,ソフトウェア技術,インターネット技術,セキュリティの理論など,コンピュータに関する基礎技術について,教育研究を行なっています。コンピュータのハードウェア技術がますます進歩しており,1つの小さなチップに,複数の機能を取り込んだシステムオンチップが開発されています。今までよりさらに小さく,応用分野に適したコンピュータシステムが構築でき,私達の日常生活,さらには社会そのものを大きく変える可能性を秘めています。

写真

仮想空間の中に没入する感覚を味わえる
全方位ディスプレイ装置

また,人間と自由に会話ができ高度な推論ができるコンピュータ,環境を適切に認識し,状況に応じた行動のできる自律的ロボットといった賢い機械を実現するためには,人間の持つ感覚と行動の仕組みも理解していかなければなりません。最近では,インターネットが社会生活に大きな影響を及ぼすようになってきましたが,インターネットや巨大データベース上にある膨大な情報から必要な情報を効率よく探し出す方法についても研究教育を進めています。

エレクトロニクス関連技術

写真

味覚センサ:これでビールの銘柄も百発百中

本学科は最先端のエレクトロニクス技術開発においても中心的役割を果たしており,集積化技術を用いて半導体,光やマイクロ波の集積化デバイス,および人間を超える知能をもつインテリジェント素子の開発に取り組んでいます。センサに関する教育・研究の指導的役割を果たしていますが,「味」を測る味覚センサでは世界の最先端を走っています。電力を取り扱うスイッチング電源の軽量化の研究や太陽電池などの研究・開発にも力を注いでいます。また,原子や電子の「ミクロな世界」の現象を活用した,レーザを中心とする光エレクトロニクス,電荷を持つ気体によるプラズマの応用などの研究を行っています。これらはそれぞれ高性能のコンピュータ,新しい計測技術,新素材の開発に密接に結び付いています。

パワー・エネルギー関連技術

写真

超伝導モータ:省エネルギー,
再生可能エネルギーの有効利用技術

超伝導材料では,損失をほとんど無視できる状態で,銅線の100倍以上の大電流通電が可能となります。超伝導コイルに電流を流して回路を閉じると永久電流となって流れ続け,エネルギーを蓄える事が出来ます。超伝導を活用したエネルギー貯蔵の方式は,他の方法に比べて電力の貯蔵効率が高く,また貯蔵,放出がすばやく出来るという利点を有しています。この様な電力貯蔵技術により,CO2削減につながる再生可能工ネルギーの有効利用や,落雷などで発生する100分の1秒単位の瞬間的電圧低下の防止など電力の高品質化や,系統の信頼性向上のためのキーテクノロジーとして期待されています。
このページの先頭へ