機械航空工学科

学部教育

ホーム  >  学部教育  >  機械航空工学科

機械航空工学科

コース紹介

  • 機械工学コース
  • 航空宇宙工学コース

未来を切り拓く機械航空工学科

写真

平成21年11月24日(火),伊都キャンパスで行われた
若田光一宇宙飛行士帰国報告会で
「きぼう」の模型を使って説明する若田光一さん

機械航空工学科は,これまで日本が世界をリードし,将来も日本を支えていく「ものづくり」を担う技術者および研究者を育成する学科です。機械工学は,ものづくりに関連した様々な事象を力学という視点から体系化した学問です。私たちの生活に密着した電気製品や自動車は言うに及ばず,ロケット,航空機,ロボット,コンピュータや様々な製品に用いられている超精密部品の設計,製造には機械工学の様々な知識が不可欠です。火力発電や原子力発電,および廃棄物処理をはじめとした様々なエネルギー・環境分野でも機械工学技術者および研究者が中心的役割を果たしています。

このように,機械工学はあらゆるものづくりの中心であるので,様々な基礎知識を習得する必要があります。機械工学コースは,いかなる分野にも対応できる人材を育成するカリキュラムを備えたコースです。一方,航空宇宙工学コースは,空と宇宙に特化して,航空機や宇宙機の製造に不可欠な知識を身につけるとともに,総合的な視点を育むようなカリキュラムを備えたコースです。いずれのコースでも,知識の習得だけでなくそれを応用できる力を身につけることを目標にしています。そして,これまでに,未来を切り開く若いエンジニアを輩出してきました。宇宙飛行士の若田光一さんもそのひとりです。彼は,日本と世界が共同でプロジェクトを進めている国際宇宙ステーションで活躍されました。最新の科学技術研究施設である「きぼう」の実現に尽力された若田さんの学問的基礎とチャレンジ精神は九州大学で育まれたものです。

今後,私たちは「人が安心して暮らせる」社会の実現を目指して頑張っていかねばなりません。エネルギー,環境,食糧,そして高齢化社会と様々な難問が待ち構えていますが,それらの解決に向けて果敢にチャレンジできる若い人材を育成したいと思っています。
このページの先頭へ