研究室紹介

基礎プラズマグループ核融合プラズマ理工学

応用力学研究所

総合理工学府 総合理工学専攻

工学部 融合基礎工学科

核融合プラズマ理工学, 非平衡プラズマ理工学, プラズマ非線形現象理工学, の3つの研究室で構成される研究グループで, 基礎プラズマ実験装置 (PLATO/PANTA) を用いた実験研究を共同で行っています. 特にプラズマ乱流を中心に研究しています. プラズマを磁場で閉じ込めて核融合反応を自律的に起こそうとする時, 強い圧力で励起される乱流がプラズマを吐き出そうとします. このプラズマ乱流の克服が核融合炉実現の重要な鍵となっています. 通常は見えないプラズマ内部の乱流を観測するための手法(多色トモグラフィー, 重イオンビームプローブ)を考案し, 基礎プラズマ実験装置で試しています. これらの観測と先進的なデータ解析を駆使して乱流の新たな性質を発見します. 具体例として, 乱流により突発的にプラズマが吐き出される現象(太陽フレアに似ています)の誘因の解明, 予兆の検出, 発現の予測, を行ったりしています. また、核融合プラズマのみならず, 宇宙天文プラズマの理解を目指し, 実験室での宇宙と相似のプラズマの生成に取り組んでいます.

所属教員

藤澤 彰英 教授 /稲垣 滋 教授 /山田 琢磨 教授

主な研究テーマ

  • トカマクプラズマ乱流の全域全波長探査
  • プラズマ乱流の自己維持形成
  • 電磁波動励起によるプラズマ乱流制御実験
  • 実験室宇宙天文プラズマ物理
« 戻る