研究室紹介

機械振動学研究室

工学研究院 機械工学部門

工学府 機械工学専攻

工学部 機械工学科

本研究室では機械力学および機械振動学に関連する教育と研究を行っています。機械には同一動作を繰り返すものが多いため,振動がよく発生します。しかも,振動は機械にとって有害な現象であることがほとんどです。このような様々な機械振動の発生メカニズムを,最新のモデリング技術や解析手法を用いて解明し,対処療法的ではない根底的な防止対策あるいは抑止対策を確立することにより機械システムの振動問題の抜本的な解決を目指しています。また,自己同期現象を利用した機械システムや機械に優しい制御法など,振動現象の有効利用についての研究も行っています。

同期振動発生機構を搭載した 振動ランマの試作機

並列三重倒立振子の実験装置

所属教員

森 博輝 准教授 /宗和 伸行 助教

主な研究テーマ

  • 大規模非線形系の高速高精度振動解析手法
  • 振動特性を考慮した大規模構造物の最適設計
  • 自励振動の発生防止法に関する研究
  • 自己同期現象を利用した機械システムの開発
  • 機械に優しい制御法(部分空間制御法)
  • 集中系モデルによる非線形圧力波の解析
« 戻る