物質科学工学科

学部教育

ホーム  >  学部教育  >  物質科学工学科

物質科学工学科

コース紹介

  • 化学プロセス・生命工学コース
  • 応用化学コース
  • 材料科学工学コース

学科のあらまし

物質科学工学科の前身となる学科は,1911年(明治44年)の九州帝国大学創立と同時に設置された冶金学科と応用化学科です。その後,1997年(平成9年)に物質科学に関わる3つの学科を統合し,物質科学工学科が誕生しました。

私たち人類は物質に囲まれて生きています。物質の性質を理解し,新しい性質を有する物質を作り出すことは,人々の生活のあらゆる場面に寄与する極めて重要な知識・技術であると言えるでしょう。物質科学とは人々の暮らしを豊かにするサイエンスなのです。

物質科学工学科ではあらゆる無機・有機物質に関わる基盤的な科学知識を習得し,新しい物質の創造に必要な先端知識・技術を学びます。さらに,これらの知識を踏まえて,生産プロセス,ナノ材料,生命・環境システム,新エネルギー開発などに関わる幅広い研究開発に取り組みます。

図
入学後の最初の1年半はおもに学科に共通する基礎科目を学びます。その後の2年半は選択するコース(化学プロセス・生命工学コース応用化学コース材料科学工学コース;1年修了時に選択)で,より高度で専門的な学問技術を習得し,4年生での卒業研究に臨みます。学部卒業後,8割以上は大学院(修士課程,博士課程)に進学し更に専門的な知識を学びます。本学科卒業生は,高分子,金属,セラミック,化学薬品,食品,医薬品,電気,情報,エネルギー,資源,自動車,航空,宇宙など多くの産業分野で,活躍しています。

物質科学が関与するフィールドは,素材開発からバイオ・医療まで極めて広大です。物質科学工学科はその広大なフィールドのエントランスです。私たちは新しい物質の創造を通して,未来に寄与できる人材を育成します。
このページの先頭へ