材料工学科

物質を理解して原料を加工し、開発された材料の性質や機能を解明し、新たなモノ(材料)を創り出す技術者と研究者の入口

材料工学科これまでの文明の発展は材料の進化に支えられてきました。例えば、自動車社会は鉄鋼材料の大量生産に、航空機による高速輸送はジュラルミンの発明に、情報化社会は半導体の発明に、といった具合です。周期表には118個の元素しか掲載されていないにもかかわらず、これらの元素の無限とも言える組み合わせから、様々な性質をもった材料が創り出されています。単に混ぜ合わせるだけでは無く、加熱、冷却、加工など様々な工程で新たな機能を附加しています。材料工学は、このように身の回りにあるあらゆる「モノ」のもととなる材料や素材を創り出すための基盤となる学問です。

材料工学科材料工学科では、素材を原子のレベルでデザインして原料から材料にするためのプロセス工学、デザインした材料をさらに熱処理や機械加工することによって材料の強さや形を変えるための加工工学、そして材料の機能を高めるための機能工学などの知識を学修します。また、実習や実験を数多く行うことで、自ら手を動かして知識を自分のものにすることができます。さらには、材料解析や材料計算などの未知の新材料を創り出すといった、従来の枠を越えた分野も学ぶことができます。これから変わりゆく時代に柔軟に対応しながらモノ(材料)づくりを通して社会に貢献できるエンジニアや研究者の基礎を築くことができるのが、大きな魅力です。

先輩インタビュー
学生写真

2020年
物質科学工学科 材料科学工学コース 卒業
工学府材料物性工学専攻 入学
名前
大垣北高校(岐阜県)出身

Q1 あなたがこの分野を選んだ理由をお聞かせください。

高校生の頃、物理と化学がどちらも好きだったので、どの分野に進むか悩んでいたが、材料工学が物理と化学の間のような分野で、幅広いことを学べる学問であると聞き、この分野を選びました。

Q2 この分野を選んで良かったことをお聞かせください。

金属をはじめ、セラミックスや半導体など様々な材料についての物理・化学特性を学ぶことができること。また、機械工作実習や学生実験により、物理現象を自分の目で確認し、理解を深めることができます。

Q3 この学科を目指す受験生・高校生へのメッセージをお願いします。

材料に興味がある人はもちろん、まだ学科について悩んでいる人も、材料工学では幅広い分野を扱うためお勧めできます。