組織

研究院・学府の組織

九州大学では、2000年4月の全学大学院重点化の完了とともに、全国初となる「学府・研究院制度」を設けました。これは、大学院の教育研究組織である「研究科」を、大学院の教育組織としての「学府」(Graduate School)と教員の所属する研究組織である「研究院」(Faculty)とに分離して、相互の柔軟な連携を図るものです。

工学部及び工学府は、これまでも、日本の発展を牽引してきた「ものづくり」の中核を担う専門性・学際性・国際性・先導性を合わせ持つ工学系人材の育成に取り組んできました。しかし、近年の社会を取り巻く様々な環境変化や諸課題に対応するには、 体系化された専門分野を確固とした基盤に持ちながらもより複眼的な視点で専門分野を捉える先鋭的で優秀な工学系人材の育成が求められています。このような状況を踏まえ、九州大学工学部及び工学系学府では、学部から大学院修士課程までの6年間の連続性に配慮した学士・修士6年一貫型教育を実現し、より高度な専門的知識の獲得と専門分野の枠の拡大を目指すため、 2021年4月に、工学部及び大学院工学府を再編します。

工学部は、 現在の6学科を12学科に再編し、 大学院工学研究院、大学院人間環境学研究院、大学院システム情報科学研究院、大学院総合理工学研究院を中心とした様々な専門分野の教員が教育を担当します。

大学院工学府は、現在の13専攻を11専攻に再編し、大学院工学研究院を中心とした様々な専門分野の教員が教育を担当します。

工学府[専攻]

[~2021年3月]

物質科学工学専攻群
物質創造工学専攻
物質プロセス工学専攻
材料物性工学専攻
化学システム工学専攻
地球環境工学専攻群
建設システム工学専攻
都市環境システム工学専攻
海洋システム工学専攻
地球資源システム工学専攻
共同資源工学専攻
エネルギー量子工学専攻
機械航空工学専攻群
機械工学専攻
水素エネルギーシステム専攻
航空宇宙工学専攻

[2021年4月~]

専攻
材料工学専攻
応用化学専攻
化学工学専攻
機械工学専攻
水素エネルギーシステム専攻
航空宇宙工学専攻
量子物理工学専攻
船舶海洋工学専攻
地球資源システム工学専攻
共同資源工学専攻
土木工学専攻

工学研究院[部門]

 

物質科学工学部門群
化学工学部門 link
応用化学部門 link
材料工学部門 link
地球環境工学部門群
社会基盤部門 link
環境社会部門 link
海洋システム工学部門 link
地球資源システム工学部門 link
エネルギー量子工学部門 link
機械航空工学部門群
機械工学部門 link
航空宇宙工学部門 link

工学部[学科]

[~2021年3月]

学科・コース
電気情報工学科 link
物質科学工学科
・化学プロセス・生命工学コース link
・応用化学コース link
・材料科学工学コース link
地球環境工学科
・建設都市工学コース link
・船舶海洋システム工学コース link
・地球システム工学コース link
エネルギー科学科 link
機械航空工学科
・機械工学コース link
・航空宇宙工学コース link
建築学科 link

[2021年4月~]

学科
電気情報工学科
材料工学科
応用化学科
化学工学科
融合基礎工学科
機械工学科
航空宇宙工学科
量子物理工学科
船舶海洋工学科
地球資源システム工学科
土木工学科
建築学科

関連施設・研究院

工学研究院附属教育研究施設 環境工学研究教育センター link
アジア防災研究センター link
国際教育支援センター
小分子エネルギーセンター
工学府附属教育研究施設 ものづくり工学教育研究センター link
大学院工学研究院関連施設 九重地熱・火山研究観測ステーション link
学内共同教育研究センター 超顕微解析研究センター link
西部地区自然災害資料センター link
未来化学創造センター link
鉄鋼リサーチセンター link
加速器・ビーム応用科学センター link
バイオメカニクス研究センター link
分子システムデバイス国際リーダー教育センター link
水素エネルギー国際研究センター link
水素材料先端科学研究センター
最先端有機光エレクトロニクス研究センター link
都市研究センター
先導的研究センター 次世代蓄電デバイス研究センター
次世代経皮吸収研究センター
研究院 大学院システム情報科学研究院 link
大学院人間環境学研究院 link
過去の実績 アジア人財プログラム link