研究室紹介

軽構造システム工学研究室

工学研究院 航空宇宙工学部門

工学府 航空宇宙工学専攻

工学部 航空宇宙工学科

重力に逆らう航空宇宙機はもちろん自動車などの輸送機械でも省エネの観点から軽量化が要求され,軽量かつ高強度・高剛性である先進複合材料の利用が広がっています。しかし,先進複合材料の特徴を十分に発揮した軽量化構造設計はいまだ実現していません。この課題を克服するために,強度振動学研究室では,先進複合材の成形から損傷進展・破壊という一連のプロセス,すなわちライフサイクルをモデリングすることによって,材料や構造の信頼性を高める研究を行っています。また,複合材構造の新しい製造プロセスに関する研究,層間はく離進展抵抗の評価試験法の開発,紡績カーボンナノチューブシートの利用,超音波伝搬映像を利用した損傷同定など,新たな複合材コンセプトの創出を目指しています。

CFRPフォームコアサンドイッチパネルの4点曲げ試験におけるき裂伝ぱの高速度撮影

所属教員

矢代 茂樹 教授 /小野寺 壮太 助教

主な研究テーマ

  • 複合材料のミクロ構造に基づく損傷進展・強度評価
  • 柔軟体高速衝撃(バードストライク)に対する複合材の信頼性評価技術の構築
  • 複合材料の層間破壊靭性評価試験法の開発
  • 複合材料・構造の成形プロセスモデリング
« 戻る