工学部長メッセージ

園田佳巨工学研究院長・工学府長・工学部長
園田 佳巨

2020年は予想だにしなかったパンデミックにより,世界中が大きな影響を受けた年となりました。九州大学においても、参加者が一堂に会する従来型の卒業式や入学式は中止され,リモートで開催される結果となりました。また、今年度の春・夏学期の殆どの講義はオンラインでの実施を余儀なくされるなど,学生諸君や教職員の皆様には多大なご苦労をおかけしました。今回の新型コロナウィルスの影響は、短期での終息は期待できそうになく、以前のキャンパスライフを取り戻すには、あと1~2年の時間を要することを覚悟しなければならないようです。それまでの期間は、コロナ禍においても学生・教職員の健康を守りながら、教育・研究の質を低下させないように配慮した大学の運営が必要となります。秋学期からは、各科目の特性を考慮して、従来の対面式講義とオンライン講義を併用した時間割を設けるなど、現時点で考えられる最善の対応を行っておりますが、学生にとってより良い大学となるための改善を継続的に心がけたいと考えています。

2021年4月から九州大学工学部および大学院工学府は新しく生まれ変わります。工学部はこれまでの大学科・コース制を12学科に改編し、現在のエネルギー科学科の教育課程を見直し、融合基礎工学科と量子物理工学科を新設します。今回の改編においては、今後は全ての工学分野で必須となる情報教育を強化するために、情報基礎科目を1年次の工学部共通科目とすることで、工学基礎敎育の充実を図ります。また、入学者選抜の枠組みと方法も多様化します。一般選抜では学部一括入試を取り入れるだけでなく、総合型選抜も実施します。さらに、工学部に在籍する約800名の80%以上の学生が大学院に進学し、より高いレベルの学問と研究に励んでいる現状を鑑みて、学部と大学院修士課程を連携させた6年一貫型カリキュラムに変更します。

九州大学工学部は、1911年(明治44年)に九州帝国大学工科大学として創立され、日本で有数の長い歴史を有しています。その後、1919年(大正8年)に九州帝国大学工学部、1947年(昭和22年)に九州大学工学部となり現在に至っています。この間、拠点大学の基幹学部として先導的研究と充実した工学教育を行い、これまでに50,000名を超える卒業生を送り出し、工学・技術・産業の発展に貢献してきました。この間、「ものづくり」の中核を担う人材の育成を目的とし、専門分野の基盤となる基礎教育に力を入れてきました。その結果、卒業生が様々な企業で技術開発の中心的役割を果たし、産業界から非常に高い評価を受けています。今後も基礎教育を重視していくことには変わりありませんが、国際的に活躍できる人材の育成は勿論のこと、さらに世界をリードできるクリエイティブな人材、自らの力で新しい分野を切り拓くことのできるアクティブな人材の育成を念頭に置いています。

そのための具体的な試みとして、九州大学の海外拠点の協力の下で工学部生・工学府生向けの学生派遣・研修プログラムやオンライン海外研修プログラムなどを独自に実施しています。現時点では、新型コロナウィルスの影響で、実際に外国に行くことは困難ではありますが、状況が改善され次第、各研修プログラムは再開予定にしております。また、学生のチャレンジ精神を育み、能力を自ら開発できるような取組みも充実させています。さらに、海外の高校から入学してくる学生のための国際コースも設けられており、学部生の時から留学生と交流できる環境の中で、異なる文化や環境への理解を深めることができます。これから大学で学ぼうと思っている高校生の皆さん、留学生と日頃から交流できる機会が設けられた九州大学工学部で一緒に学びませんか。

一昨年、九州大学にとっては長年の大事業であった伊都キャンパスへの移転が完了しました。この伊都キャンパスは、世界最先端の設備を完備した日本で最大規模のキャンパスです。我々は、この施設を最大限に活用し、世界に誇れる教育・研究を行うための不断の努力を続けて参ります。産業界の方々、行政の皆様、ご父兄、卒業生そして市民の皆様のご理解とご協力をいただければ幸いです。
私たちの心意気に共感いただき、ご支援を賜りますようよろしくお願いいたします。

 

九州大学大学院工学研究院長・大学院工学府長・工学部長
園田 佳巨