学生支援関係

<全学生対象>学生支援 <工学部・大学院工学府学生対象>学生支援 自動車およびバイクの入構手続きについて 障害のある方への支援 学生なんでも相談窓口

学生支援

九州大学工学部・大学院工学府には学生をサポートする体制が整っています。

<全学生対象>学生支援について

全学生対象の学生支援については九州大学ホームページをご覧ください。
経済支援(入学料・授業料免除、奨学金、各種プログラム等)、生活支援(学生寮・健康相談・保険等)およびキャリア・就職支援(インターンシップ、就職相談、就職対策講座等)など、様々な支援についてご覧いただけます。

 

TA・RA制度

教育補助や研究補助業務等を行ってもらうことにより、学部教育の充実を図るとともに、優秀な学生へ指導者としての機会を提供する目的として、TA(ティーチング・アシスタント)・RA(リサーチ・アシスタント)制度を導入しています。TAやRAとして雇用されると時間給が支払われます。

 

日本学術振興会 特別研究員(大学院生向け)

日本学術振興会特別研究員制度は、我が国の将来を担う研究者を育成するため、優れた若手研究に専念する機会を与えるとともに、研究奨励金を支給する制度です。

 

<工学部・大学院工学府学生対象>学生支援について

工学部・大学院工学府の学生を対象とした学生支援についてご覧いただけます。
就職支援については以下リンクからご覧ください。

 

QE-board(工学部・大学院工学府学生向けモバイル掲示板アプリ)

九州大学では工学部・大学院工学府の学生のみが利用できるモバイル掲示板アプリ「QE-board」を提供しております。工学部・大学院工学府の学生は様々な通知をアプリを通して閲覧することができます。★「QE-board」では工学部・大学院工学府の学生を対象とした以下の通知をアプリから確認することができます。・奨学金および授業料免除等の学生支援に関する通知・履修登録等の教務に関する通知・新型コロナウイルス感染症等に関する通知・自然災害における休講措置に関する通知・その他工学部・大学院工学府の学生対象の通知

【利用方法】以下のサイトよりインストールください。
※学外の方のご利用はできません。
※利用にはSSO-KIDでのログインが必要です。

 

各種奨学金(工学部・大学院工学府学生対象)

工学部・大学院工学府の学生を対象に、例年様々な地方公共団体・民間奨学団体から奨学金の募集案内があります。
募集案内のあった奨学金については、随時学生ポータルおよびQE-boardを通じて通知されます。

全学生対象の各種奨学金については、学生ポータルおよびQE-boardでは通知されませんので、各自で九州大学ホームページをご覧ください。

 

研究奨励金・奨学金(大学院工学府学生対象)

先導的人材育成フェローシップ事業

九州大学『先導的人材育成フェローシップ事業』として、将来、情報・AI、量子、マテリアル、グリーンイノベーション分野を先導することが見込まれる優秀な研究者を育成することを目的として、本学の博士後期課程進学者を対象にフェローシップ(奨学金)として、研究専念支援金及び研究費を支給します。
また、あわせて研究力向上とキャリアパスの支援・確保に取り組みます。

【大学院工学府の学生が対象のもの】

 

次世代研究者挑戦的研究プログラム(K-SPRING)未来創造コース

JST次世代研究者挑戦的研究プログラム(SPRING, Support for Pioneering Research Initiated by the Next Generation)は、我が国において経済的不安とキャリアパスの不透明さ等の理由から、修士課程から博士課程への進学者数及び進学率が減少傾向にあるという背景をもとに、
1. わが国の科学技術・イノベーションの将来を担う優秀な志ある博士課程学生への経済的支援を強化すること
2. 博士人材が幅広く活躍するための多様なキャリアパスの整備を進めること
3. 大学等の博士課程学生支援に関し、社会のニーズを踏まえた戦略的なシステム改革を推進すること
を目的とする事業です。
優れた博士課程学生が主体的に創造的な研究、融合的研究に専念・挑戦できる環境を整備 するため、生活費相当額として月額20万円(年額240万円)、また、研究費として年額最大50万円を支給します。

 

九州大学大学院研究力強化奨学金

本学の博士後期課程に進学を希望、又は在籍する者で、優れた研究能力を有し、日本学術振興会の特別研究員の研究力強化につなげるための奨学金です。
奨学生に採用された場合は、採用年度に25万円が給付されます。
工学部・大学院工学府の学生の申請方法については、学生ポータルおよびQE-boardを通じて通知されます。

 

自動車およびバイクの入構手続きについて

伊都地区への自動車およびバイクの入構手続きは以下の手順に沿ってお手続きください。

 

自動車の入構

■対象者要件
<普通入構>

○大学院生及び研究生
通学距離が2㎞以上で、研究のため帰宅が深夜に及ぶ者等自動車通学が妥当であると認められた者。※通学距離を確認のうえ申請すること。
・公共交通機関の利用が困難であると認められた者。

[通学距離算出方法]

○学部生
原則認めない。
・4年生にあっては、大学院生及び研究生の要件を準用する。
・公共交通機関の利用が困難であると認められた者。

○聴講生、科目等履修生
通学距離が5㎞以上で、自動車通学が妥当であると認められた者。

<臨時入構>

傷病の都合上、公共交通機関を利用することが一時的に困難で、自動車による入構が必要であると認められた者。

<一時入構>

悪天候等で公共交通機関を利用できないことにより入構する者。

 

■入構料金

○普通入構:年額12,000円
○臨時入構:月額 2,000円
○一時入構:1回の入構あたり300円(1回限り有効な入出門書とパスカードを発行)

 

■入構手続き
<普通入構・臨時入構>

①下記の申請書および必要書類を工学部等教務課学生支援係(ウエスト4号館2階203号室)に提出してください。
「普通(臨時)入構証発行申請書(学生様式)」には、指導教員から自動車入構の承認を得たうえで「確認欄」に指導教員の確認印もしくは署名をいただいてください。

【申請書】

普通入構証発行申請書(学生様式)

臨時入構証発行申請書(学生様式)

※申請理由が「研究のため帰宅が深夜に及ぶ等の自動車通学が必要である」場合はその旨詳細を「申請理由」欄に記載してください。

【その他の必要書類】
・運転免許証(写)
・自動車の保管場所が証明できる書類(車庫証明書もしくはアパートの賃貸契約書等の写し)
・自動車検査証(写)
・自動車保険(任意保険)証券(写)
<該当理由が「公共交通機関の利用が困難」である場合>
・医師の診断書(写)等の公共交通機関の利用が困難であることがわかるもの
※傷病の都合上、公共交通機関を利用することが一時的に困難な場合は「臨時入構証」(原則1月単位)を、1年以上の長期にわたり困難な場合は「普通入構証」を申請してください。

 

②工学部等教務課学生支援係から申請の許可が得られたら、九州大学生活協同組合において、許可を受けた申請書を提出し、規定の料金をお支払いのうえ、入構証の交付及び学生証に入構権限の付与[書込み]を受けて下さい。

【発行場所及び発行時間】
・イースト1号館店  10:00~12:00、13:30~16:00
・生協伊都皎皎舎店  10:00~12:00、13:30~17:00
・生協伊都コンビニ店 10:00~12:00、13:30~17:00
・ウエスト5号館店  10:00~12:00、13:30~17:00
※いずれも土日祝日、夏季・年末年始休業日を除く

 

<一時入構>

一時入構に際しては入構料(300円)をいただいております。
ビッグオレンジ前もしくは南ゲート(北側)にある守衛所にて、所定の手続きをお願いします。
※南ゲート(北側)は8:00~19:00のみ入構可

 

■返金手続き

普通入構証、臨時入構証の有効期間が1月を超えて残っており、かつ、伊都地区キャンパス構内への入構を中止する場合、利用負担金の返還を請求できます。

<申請方法>
下記の申請書および入構証を工学部等教務課学生支援係(ウエスト4号館2階203号室)に提出してください。
工学部等教務課学生支援係から申請の許可が得られたら、九州大学生活協同組合において、許可を受けた申請書および入構証を提出して下さい。

【必要書類】

普通・臨時入構料金返金申請書(学生様式)

・入構証

(参考:返金額)
○普通入構証:1,000円に入構を中止する日が属する月の翌月から有効期間の末日が属する月までの月数を乗じて算出した金額
○臨時入構証:2,000円に入構を中止する日が属する月の翌月から有効期間の末日が属する月までの月数を乗じて算出した金額

 

★入構証の再発行について 

以下の場合、入構証の再発行が可能です。
・入構証を紛失した場合
・入構権限を付与した学生証を紛失、再発行した場合
・登録している車両に変更がある場合

<申請方法>
下記の申請書および入構証(紛失していない場合)を工学部等教務課学生支援係(ウエスト4号館2階203号室)に提出してください。
工学部等教務課学生支援係から申請の許可が得られたら、九州大学生活協同組合において、許可を受けた申請書および入構証(紛失していない場合)を提出して下さい。

【必要書類】

普通入構証再発行申請書(学生様式)

臨時入構証再発行申請書(学生様式)

・入構証(紛失していない場合)

※車の入れ替えの場合は、以下も必要です。
・運転免許証(写)
・自動車の保管場所が証明できる書類(車庫証明書もしくはアパートの賃貸契約書等の写し)
・自動車検査証(写)
・自動車保険(任意保険)証券(写)

 

■その他

◎入構証(フックの付いた紙の入構証:車内掲示用)の表示について
①入構証(フックの付いた紙の入構証:車内掲示用)は、構内に入構する際にルームミラーの支柱等にかけて、正面から見えるように表示してください。
②駐車する際も、入構する際と同様に車外から見えるようにルームミラーの支柱等にかけて表示してください。
③ルームミラーの支柱等の形状によりフックをかけることができない場合や、かけることができても正面から見づらい場合は、(ダッシュボード上に置く等して)車外から見えるように表示してください。

◎登録している車両に変更がある場合、速やかに再発行申請書を提出し、車両の登録変更を行ってください。

◎違反車両に対しては、段階的注意を行います。(①注意⇒②警告⇒③入構禁止)

 

バイクの入構

伊都キャンパスにバイクで通学するみなさんは、バイク登録が義務づけられています。
「バイク入構に際しての注意事項」を確認し、「バイク入構届」を工学部等教務課学生支援係(ウエスト4号館2階203号室)に提出してください。
「バイク入構届」を届け出た者に「バイク用シール」を配布します。
※未登録バイクは、違反車両として取締の対象となります。

 

障害のある方への支援について

平成28年4月より障害者差別解消法が施行され、差別の禁止及び合理的配慮が義務化されました。本学においては、事業主としての労働者支援、教育機関としての学生支援、社会に開かれた大学としての障害者支援に対応するため、障害者支援推進委員会を設置し対応を検討してきており、平成28年4月1日付けで「国立大学法人九州大学における障害を理由とする差別の解消の推進に関する規程」が施行され、また、「障害を理由とする差別の解消の推進に関する実施要領」が実施されました。
本学における障害者支援については、キャンパスライフ・健康支援センターのインクルージョン支援推進室が中心となり対応しています。

学生なんでも相談窓口

伊都キャンパス内に相談窓口を設けています。
電話やメールでの相談にも応じています。
相談内容によっては、学内・学外の関係機関をご紹介します。

伊都地区
ウエスト
ゾーン
工学部教務課内(092-802-3892)
Email:
koggakus[at]jimu.kyushu-u.ac.jp
メール送信の際は、[at]を@に変換してください。