研究室紹介

航空宇宙材料工学

工学研究院 航空宇宙工学部門

工学府 航空宇宙工学専攻

工学部 航空宇宙工学科

航空宇宙分野では軽量かつ信頼性の高い材料が重視されています.航空宇宙機開発にこれらの材料は必須です.それと同時に,さまざまな環境で活用されうる新奇な構造・機能材料を創出していくことも必要です.材料から生まれる発想が新たな航空宇宙分野研究へとつながることを狙います.
本研究室では特に,新奇な構造・機能材料に関する研究を進めています.また,開発するそれぞれの材料に対応した,その加工プロセスの開発研究も行います.これらの一連の流れは工学的に必須となるものです.
具体的に扱っている材料・プロセスは「柔軟機能材料開発とソフトロボティクス応用」,「超微細圧印加工技術を用いた表面微細パターニング」,「ナノ粉末を使った微細加工プロセス開発」,「新奇材料に特化した3Dプリントの開発」といった多様なものが挙げられます.近年は「いきもの」を意識した研究(Bio-inspired Engineering)にも力を入れています.材料や構造の設計に対し,生物が作り上げてきた機能を抽出しながら活用していきます.

所属教員

津守 不二夫 教授

主な研究テーマ

  • 微細加工
  • 柔軟機能材料
  • 3Dプリント
  • 生体模倣
« 戻る