研究室紹介

健康建築環境学研究室

人間環境学研究院 都市・建築学部門

人間環境学府 空間システム専攻

工学部 建築学科

都市・建築で生じる自然的あるいは人為的な熱・物質・空気の移動現象を理論的に解析し,複合的な都市・建築環境の形成メカニズムを検証しています。また,それらの建築物理解析を基に,快適性・健康性・省エネルギー性・耐久性に優れた「住環境デザイン」,および先進的な設備システムや再生可能エネルギーを利用した「建築機能デザイン」について研究しています。簡単に言えば,住まいやすい建物(例えば,省エネ建築,ゼロエネルギー建築(ZEB),エコロジー建築,自然エネルギー利用建築など)を,数値シミュレーション技術を駆使して科学的に設計しています。

都市・建築は人為的な構築環境の産物です。この人工環境は,人体系と建物系と設備系から成ります。人体系の生理・心理的要求に応じて,建物系の熱・光・空気などの環境要素をパッシブにデザインし,さらに設備系によってアクティブにコントロールすることが必要になります。

本研究室は,人間生活や住まいの目的用途に対応して,建築内外の環境要素と設備機器を一体化し,最小限の機械制御により生活の質と利便性を向上させる空間システム学の構築と,そのガイドラインとなる環境・機能デザインを目指しています。

健康建築環境学研究室

所属教員

尾崎 明仁 教授 /LEE HAK SUNG 助教

主な研究テーマ

  • 建物温湿度・熱負荷の動的予測と住環境評価
  • 再生可能エネルギーを利用した高機能建築の提案
  • ゼロエネルギー建築を目的とした外被性能設計
  • 都市・建築の将来エネルギー予測と温暖化対策
« 戻る