研究室紹介

持続居住計画学研究室

人間環境学研究院 都市・建築学部門

人間環境学府 空間システム専攻

工学部 建築学科

建築計画学の視点から人間生活と空間の対応関係に注目し,地域の住まい・まちづくりや施設計画等に関する研究に取り組み,よりよい計画のあり方を探究しています。

研究チームは2つあり,住まい・まちづくりチームでは,密集住宅地や斜面住宅地での住環境整備事業や住民まちづくり活動に継続的に参画し,住民組織や行政部署との協働関係のもとで研究を行っています。また,施設・住宅チームでは,学校研究や図書館,集合住宅等,幅広いビルディングタイプを対象とした研究を行っています。

近年は,特に斜面住宅地を対象として,人口減少に伴う住宅地の空洞化と住環境悪化の実態解明と,町内会やまちづくり協議会などの地域主体による住環境の自主管理活動を基礎とするまちづくり手法の構築に重点を置いています。実践面では,住民組織と協働して調査・改善活動を行い,成果を共有することで,まちづくり活動の深化を図ることに力を注いでいます。

持続居住計画学研究室

所属教員

志賀 勉 准教授 /志波 文彦 助教

主な研究テーマ

  • 世帯減少期の斜面住宅地における住環境管理
  • 公営住宅における住民自主管理
  • 中国の都市住宅における高齢者世帯の居住環境改善
  • 新たな教育方式に対応した学校建築の空間計画
« 戻る