研究室紹介

地盤工学研究室

工学研究院 社会基盤部門

工学府 土木工学専攻

工学部 土木工学科

地盤工学研究室では,ヒトと地盤との関係を探求し,人々と地球の共生を考えるためのひとつの学問である地盤工学に関する研究を行っている。構造物の「基礎」を作るための力学や工学とともに,地盤防災(地震・豪雨・洪水等)や地盤環境(産業副産物の有効利用等)に関する課題に取り組んでいる。 プロジェクト研究として,モンゴル科学アカデミーとの共同調査による自立支援型砂漠化防止技術,気候変動に伴う九州・沖縄の地盤災害とその適応策,および多様な地域資源を活用した持続可能な地盤環境改善技術に関する研究などを行っている。

地下水を利用した地盤内水分制御技術 「サクションドレーン」の開発

所属教員

安福 規之 教授 /石藏 良平 准教授

主な研究テーマ

  • 持続可能な砂漠化への対処に向けた地盤工学的アプローチ
  • 砂漠化防止技術および土地劣化改善システムの開発研究
  • 地盤材料の力学と飽和・不飽和地盤の健全性評価
  • 土地の高度利用のための地盤安定化に関する研究
« 戻る