研究室紹介

防災地盤工学研究室

工学研究院 社会基盤部門

工学府 土木工学専攻

工学部 土木工学科

日本やアジア諸国は自然災害が発生しやすい地域に位置し,毎年多くの人命・財産が被害を受けています。特に最近では想定外の自然災害が頻発しており,地域社会に経済的・精神的な損害を与えています。本研究室は,地震・豪雨などによる地盤の大変形 (土砂崩れ・斜面崩壊) 等の解析・予測技術の開発,地盤災害発生地の現地調査及び模型実験による自然災害発生メカニズムの解明,予測及び対策手法を研究し,自然災害による被害の低減と防止に努め,災害に強い,安全・安心の社会の構築を目指しています。

福岡県の土砂災害発生割合分布

福岡県の土砂災害発生割合分布

所属教員

Hazarika Hemanta 教授 /陳 光斉 教授 /笠間 清伸 准教授(西部地区自然災害資料センター 副センター長) /古川 全太郎 助教

主な研究テーマ

  • 粘り強い構造を有する耐津波防波堤に関する研究
  • 地盤災害における数値シミュレーション技術に関する研究
  • 土砂災害ハザードマップ・リスクマップの作成および適用に関する研究
  • 地震・ゲリラ豪雨に耐えられる地盤補強技術の開発
« 戻る