研究室紹介

沿岸海洋工学研究室

附属アジア防災研究センター

工学府 土木工学専攻

工学部 土木工学科

沿岸域は海陸が接しているため,居住・港湾流通・レクリエーション・漁業生活などいろいろな人間活動が営まれ,生態活動も豊かです。同時に,高潮・津波・海岸侵食などの自然災害の脅威にもさらされ,人命財産の防護が至上の課題になります。
沿岸海洋工学研究室では,海洋から沿岸域におよんで来る波などの自然力の作用原理を十分に究明し,人間の利用と便益のために活用する基礎技術を研究しています。
また,最近では海の波の発生要因である風や,地球温暖化が沿岸域に及ぼす影響などの研究を行うために,気象についての研究も行っています。

激しい越波(波が護岸や堤防を越えて陸域に流れ込む現象)の観測の様子,山口県下関市にて撮影

所属教員

橋本 典明 教授 /山城 賢 准教授 /井手喜彦 助教

主な研究テーマ

  • 高精度高潮波浪シミュレーションモデルの開発
  • 沿岸災害における地球温暖化の影響予測
  • 波浪観測・解析法の高度化に関する研究
  • 越波に伴う飛沫・飛来塩分の発生と拡散過程に関する研究
« 戻る