研究室紹介

地球熱システム学研究室

工学研究院 地球資源システム工学部門

工学府 地球資源システム工学専攻

工学部 地球資源システム工学科

環境に優しい純国産の自然エネルギーである「地熱エネルギー」は,地下深部の高温の火山熱エネルギーから地下浅部の常温の地中熱エネルギーまで,いろいろな形態があります。私達は,このように幅広い形態をとる「地熱エネルギー」を,「熱源」・「流体」・「地下構造」からなる「地球熱システム」であると捉え,環境に適応した再生可能な地熱エネルギーの開発利用を目指して,基礎から応用まで幅広い研究・教育を行っています。これらの成果は,自然エネルギーの利用促進,環境問題の解決に寄与するだけでなく,火山や地震の活動の監視など防災分野にも活かされています。卒業生は主に資源・エネルギー分野,建設・土木分野で活躍しています。

地球熱システム学研究室の研究・教育コンセプト(左)と 地熱貯留層内質量収支モニタリングのための 絶対重力計による重力変動観測

所属教員

藤光 康宏 教授 /西島 潤 准教授 /分山 達也 准教授 /松本 光央 助教

主な研究テーマ

  • 地熱・温泉地域の地下構造と地熱系発達に関する研究
  • 測地学的観測による地下流体の質量収支モニタリングに関する研究
  • 地熱発電に対する地域における社会的受容性に関する研究
  • 地熱貯留層の評価・生産手法に関する研究
« 戻る