研究室紹介

資源開発工学研究室

工学研究院 地球資源システム工学部門

工学府 地球資源システム工学専攻

工学部 地球資源システム工学科

カーボンフリーなエネルギー資源の生産手法として,深部石炭層にCO2を圧入し,コールベットメタンをCO2で置換して増回収する技術,重質油層に熱やCO2を圧入し,油の膨潤や粘性低下によって増回収する技術,ならびに日本近海の海底下に賦存するメタンハイドレート層に熱やCO2を圧入してCH4を生産する技術について研究しています。また,温暖化防止対策として期待されているCO2地下貯留技術のための伊都ナチュラルアナログフィールドテストを,キャンパス内に掘削したモデル坑井を用いて実施しています。さらに,微生物によってCO2をCH4に変換し,再びエネルギー資源として利用できるようにするための研究も進めています。

CO2で地中貯留に関する 伊都ナチュラルアナログフィールドテスト のためのモデル坑井(2本)の掘削現場

所属教員

菅井 裕一 教授 /Ronald Nguele 助教

主な研究テーマ

  • CO2地中貯留に関する伊都ナチュラルアナログフィールドテスト
  • CO2などを用いた重質油,コールベットメタンおよびメタンハイドレートなどの非在来型エネルギー資源の生産技術の開発
  • 水素安全(水素燃焼抑制)に関する研究開発
  • 微生物を用いた石油・天然ガスの生産技術に関する研究
« 戻る