研究室紹介

岩盤・開発機械システム工学研究室

工学研究院 地球資源システム工学部門

工学府 地球資源システム工学専攻

工学部 地球資源システム工学科

岩盤・開発機械システム工学研究室は、地下に賦存する銅、鉄、金、銀、石炭、錫、タングステンなどの固体資源を回収する技術について研究を行っています。これらの固体資源は、主に地表から大きな穴を掘り開発する露天採掘法と地表からトンネル(坑道)を掘削して開発する坑内採掘法の2つの方法で回収されますが、どちらの工法においても、岩盤を効率よく掘削する方法や、掘削後に周辺岩盤の安定性を維持できるような安全な設計を考えることが重要となります。特に露天採掘では、地表の動植物などの自然生態系に悪影響を及ぼしてしまうことから、資源回収後の環境修復(リハビリテーション)が必要になります。以上のような固体資源開発に関わる諸問題に対して、岩盤工学的な観点のみならず植林や排水の制御等、様々な観点から実践的な研究を行っています。さらに、国内資源産業の斜陽化に伴い、これまでの研究を基礎として海外への展開、すなわち海外の研究機関、大学、企業との共同研究をはじめ、都市ライフラインの開発やそれに伴う環境問題、石炭の地下ガス化、深海底鉱物資源開発、CO2地中貯留などにも研究対象を拡げています。

研究トピック

所属教員

島田 英樹 教授 /笹岡 孝司 准教授 /濵中 晃弘 助教

主な研究テーマ

  • 岩盤工学・固体資源開発・鉱山のリハビリテーション・地圏開発システム工学
« 戻る