研究室紹介

資源処理・環境修復工学研究室

工学研究院 地球資源システム工学部門

工学府 地球資源システム工学専攻

工学部 地球資源システム工学科

資源処理・環境修復工学研究室では,循環型社会の形成という使命のもと,選鉱・湿式製錬・環境浄化という金属資源処理の上流から下流を含む研究に取り組んでいます。選鉱(浮選)グループでは天然鉱物資源(海底資源含む)の高度な浮遊選別技術,湿式製錬(リーチング)グループでは天然鉱物資源に加え都市鉱山資源などから有価金属を回収する技術,環境浄化(レメディエーション)グループでは金属資源処理に伴って生じた有害金属を含有する廃水の浄化技術,のそれぞれを対象に,ラボスケールでの基礎・応用試験から産学連携に基づく実用化試験まで幅広く行っています。これらの技術開発には,学問領域の垣根を超えた分野融合的かつ先駆的なアイデアが必要であり,粉体工学・界面化学・電気化学・鉱物学・生物工学・分子生物学など様々な知識を複合してアプローチしています。有限な資源・エネルギーと環境制約のもとで、持続可能な循環型社会の形成に貢献する総合工学を目指し,その鍵となる資源処理技術と環境保全技術に関する新しい知見を創出しています。

所属教員

沖部 奈緒子 教授 /三木 一 准教授 /小山 恵史 助教

主な研究テーマ

  • 無害な有機酸やナノ粒子を用いた新規Green Flotation法の開発
  • 金属代謝微生物やバイオメタボライトである有機酸・アミノ酸を用いた天然鉱物/都市鉱山の新規リーチング法の開発
  • 金属還元微生物や還元性腐食物質を利用した貴金属ナノ粒子合成
  • 製錬廃液や坑廃水のパッシブトリートメント技術の開発
« 戻る