研究室紹介

感性ナノバイオセンサ研究室

システム情報科学研究院 情報エレクトロニクス部門

システム情報科学府 電気電子工学専攻

工学部 電気情報工学科

感性ナノバイオセンサ研究室は「味覚センサ」の開発に世界で初めて成功しました。主に次のような研究を行っています。

 

• バイオとエレクトロニクスを融合した科学技術により開発した味覚センサのさらなる高機能化

• 抗原抗体反応を利用して,爆薬や香料などの匂い物質を超高感度で検出する犬の鼻を超えるセンサの開発

• 複数種の化学物質を認識するセンサを多数用意し,その出力をAI(人工知能)でパターン認識する人工嗅覚システム

 

また,これらの研究を軸に,多方面への応用・展開を試みる研究を行っています。

感性ナノバイオセンサ研究室

所属教員

都甲 潔 特別主幹 教授 /小野寺 武 准教授 /矢田部 塁 准教授

主な研究テーマ

  • 味覚センサ
  • 超高感度匂いセンサ
  • 人工嗅覚システム
« 戻る