研究室紹介

超伝導理工学研究室

システム情報科学研究院 電気システム工学部門

システム情報科学府 電気電子工学専攻

工学部 電気情報工学科

本研究室では,地球環境との両立を目指した高度なエネルギー社会の実現に向けて,超伝導技術の研究開発を行っています。超伝導線材では,損失をほとんど無視できる状態で,銅やアルミに代表される従来材料の100倍以上の大電流を運ぶことが可能となります。その優れた性能により,従来技術の壁を打ち破る革新的機器の開発,高効率エネルギー利用,CO2削減のための技術として,広範な分野で応用が期待されています。本研究室では,世界最先端の計測評価技術開発による超伝導材料の特性解明と高性能化,さらにその電力・エネルギー応用のための研究を行っています。国家プロジェクトや民間との共同研究,国際共同研究も積極的に推進すると共に,これらの研究活動を通じて,電気電子工学分野の次代を担う若手研究者,技術者の教育に取り組んでいます。

所属教員

木須 隆暢 教授 /東川 甲平 准教授 /鈴木 匠 助教

主な研究テーマ

  • 高性能超伝導線材の開発
  • 超伝導材料の臨界電流特性
  • 高温超伝導マグネットシステム
  • 鉄道用超伝導き電ケーブルシステム
« 戻る