研究室紹介

建築環境工学研究室

総合理工学研究院 環境理工学部門

総合理工学府 総合理工学専攻

工学部 融合基礎工学科

室内の空気・熱環境形成と生体反応は密接な関係があり,健康・快適且つ生産性の高い室内環境を創造するためには,室内環境要素と人体の相互関係の総合的予測・評価が必須となります.本研究室では,ヒトならびにその周囲の室内環境をそっくりそのままコンピュータ上に正確に再現する技術(Digital Twin)の開発に取り組んでいます.コンピュータ上に再現した数値人体モデル(Computer Simulated Person)を中心とした室内環境設計手法を確立することで,被験者実験が困難な宇宙ステーションなどの閉鎖空間内で快適かつ健康に生活するための高度な環境設計技術の構築を目指しています.また,ヒトの他,ラット・イヌ・サル等のほ乳類を対象としたDigital Twinの開発にも取り組んでいます.

所属教員

伊藤 一秀 教授 /劉 城準 助教

主な研究テーマ

  • 環境設計のための数値人体モデルの開発研究
  • 生理的薬物/毒物動態(PBPK/PBTK)解析による曝露リスク評価
  • 空気感染性汚染物質の室内飛散解析
  • ラット・イヌ・サル等のほ乳類を対象としたDigital Twin開発
« 戻る