研究室紹介

エネルギー熱物理科学研究室

総合理工学研究院 環境理工学部門

総合理工学府 総合理工学専攻

工学部 融合基礎工学科

エネルギーの安定供給と低炭素化を両立することは,人類の極めて重要な課題です.本研究室では,低炭素社会を実現する革新的な燃焼技術やエネルギー転換技術の開発に取り組んでいます.具体的には,発電等のエネルギーシステムや航空機等の輸送推進システムの高効率化や環境性向上を目指し,システムの基幹要素となる化学反応容器や燃焼器の実験や数値シミュレーション,さらには情報科学との融合研究を通じて,物理現象の解明とモデル化,および予測技術の研究開発を進めています.得られた成果は,産学連携等を通じて,実社会への貢献に役立てます.専門分野は,流体力学や熱化学です.

航空用ジェットエンジン燃焼器の性能予測シミュレーション(ガス温度)

数値解析による水素乱流火炎の構造分析 (左:ガス温度,中央:燃焼速度,右:熱発生率)

所属教員

渡邊 裕章 教授

主な研究テーマ

  • 超高効率・ゼロエミッション発電システムの研究
  • 超クリーン航空用ジェットエンジンの研究
  • 固体燃料の高効率エネルギー転換技術の研究
  • メタンハイドレートの回収利用技術の研究
« 戻る