研究室紹介

材料複合工学研究室

工学研究院 材料工学部門

工学府 材料工学専攻

工学部 材料工学科

太陽電池は,溶融シリコン結晶を一方向に成長させて作製します。結晶方位は製品性能に大きく影響しますので,高い性能を持つ多結晶シリコンを目指して組織制御しています。また,自動車などの輸送機器の一部の部品は軽量なアルミニウム合金やマグネシウム合金を溶解・凝固して製造します。溶融合金の湯流れでは不純物や気泡を巻き込む恐れがあるので,分散する不純物の除去を目的として,湯流れと凝固組織の制御について研究しています。さらに,製鉄所で製造される鋼板や鋳型内で凝固する鋳鉄など,組織の形状及び分布が製品の性質を大きく左右するので,高性能の材料を目指して,結晶成長の制御方法について研究しています。

多結晶シリコンの組織, (a)腐食面,(b)逆極点図, (c)双晶の検出,(d)結晶粒界

所属教員

宮原 広郁 教授 /森下 浩平 准教授

主な研究テーマ

  • 多結晶シリコン太陽電池の性能向上のための結晶制御の研究
  • エンジン軽量化・高強度化のためのアルミニウム合金の凝固組織制御の研究
  • 耐摩耗性向上のための鋼・鋳鉄材料の組織改質の研究
« 戻る