研究室紹介

反応制御学研究室

工学研究院 材料工学部門

工学府 材料工学専攻

工学部 材料工学科

地球上で限りある資源やエネルギーを有効に利用することと,快適な生活環境を確保することを目的に,鉄鋼,炭素材料などの製造プロセスおよび省エネルギーに関する基礎的な研究を行っています。研究のフィールドは2つあり,1つは各種プロセスの高効率化,高機能化であり,もう1つは将来に向けた新プロセスの探求です。これらの研究を行うためには,材料製造プロセスの装置内で起る反応,流れ,伝熱などの基礎現象の解析が必要であり,高温炉による反応実験やワークステーションやPCクラスターを駆使したシミュレーション解析に取り組んでいます。

所属教員

大野 光一郎 准教授 /前田 敬之 助教

主な研究テーマ

  • 数値シミュレーションによる鉄鉱石焼結プロセスの解析
  • 水素富化高炉における焼結鉱還元反応の最適化
  • 融着帯シミュレーターを用いた製鉄原料の軟化溶融挙動の可視化
  • マイクロ波加熱を利用した新製鉄プロセスの開発
« 戻る