研究室紹介

熱流体物理研究室

工学研究院 機械工学部門

工学府 機械工学専攻

工学部 機械工学科

相変化がかかわる熱輸送および熱力学的諸現象の解明を目指して,実験的・理論的研究を行うとともに,その成果を広範囲に応用する研究開発を行っている。扱う対象のスケールも製鉄プロセスにおける冷却問題,空調用熱交換器の凝縮などマクロスケールから,マイクロ冷凍機の開発,レーザーアブレーションによるマイクロ加工,カーボンナノチューブ・ナノ粒子の合成等ナノスケールまで広範囲に及んでいる。また,水素エネルギー社会の知的基盤を確立するために,高圧域の水素のPVTデータの計測,熱伝導率や粘性係数等の熱物測定に関する研究も行っている。

超はっ水面に置かれた水滴

レーザープロセッシングによる ナノ材料生成

所属教員

高田 保之 教授 /迫田 直也 助教 /喜多 由拓 助教

主な研究テーマ

  • 高圧水素の熱物性測定
  • 濡れ性の人為的制御による相変化伝熱の促進と制御
  • マイクロ冷凍機の開発
  • レーザープロセッシングによるマイクロ加工・ナノ材料生成
« 戻る