研究室紹介

反応性ガス力学研究室

工学研究院 機械工学部門

工学府 機械工学専攻

工学部 機械工学科

反応性ガス力学研究室では,燃焼に関する基礎から応用までの幅広い研究を行っています。私たちは,使用するエネルギーの多くを燃焼により得ています。地球環境保全およびエネルギー資源の有効利用のためには,燃焼研究は非常に重要です。本研究室では,世界的にも数少ない高圧乱流燃焼装置を用いて,在来型燃料のみならず,石炭ガス化ガス,カーボンニュートラルなバイオマス由来燃料,さらには次世代燃料として期待される水素など,各種燃料の燃焼特性や燃焼方法に関する研究を行っています。実験および数値シミュレーションから得られた研究成果は,自動車用エンジンや航空用ジェットエンジン,火力発電所等に用いられる産業用ガスタービンやボイラ等の燃焼機器の研究開発・設計等に貢献しています。

1万並列計算による微粉炭燃焼炉のラージ・エディ・シミュレーション

素反応を考慮したガスタービン燃焼器のラージ・エディ・シミュレーション

所属教員

北川 敏明 教授

主な研究テーマ

  • エンジンやジェットエンジン等の推進機器,およびガスタービンやボイラ等発電所の高効率・低環境負荷燃焼
  • バイオマス由来燃料,石炭ガス化ガスや水素等の代替・新燃料の燃焼
  • 乱流燃焼現象の解明とモデリング
  • エンジン異常燃焼現象の解析
« 戻る