研究室紹介

材料加工学研究室

工学研究院 機械工学部門

工学府 機械工学専攻

工学部 機械工学科

本研究室では主に金属や粉末材料の変形加工を応用した製造プロセスの開発を行っている。これらのプロセスで作製された部品はものづくり産業の中核を担うものであり,特に,塑性加工,粉末冶金に関連した数々の加工プロセスに関する研究に注目している。具体的には転造プロセスを利用した高強度歯車の作製や,複雑形状の金属部品を大量に作製できる粉末射出成形法(MIM),コンピュータ上で設計した任意形状をそのまま金属部品として作製できるレーザ積層造形法など,新旧さまざまな加工法を取り上げている。基礎実験によるプロセス中での素材の変形原理の解明から,産業界で切望されている高精度化・高機能化に向けたプロセス開発まで,幅広く研究を行っている。

本研究室で行っている研究テーマ例

所属教員

品川 一成 教授 /工藤 健太郎 助教

主な研究テーマ

  • 金属粉末射出成形法の各種合金への応用
  • 転造加工による焼結鉄系合金歯車の高強度化
  • レーザ粉末積層造形法の開発
  • インプリントプロセスを応用した微細セラミックス構造の作製
« 戻る