研究室紹介

構造動力学研究室

工学研究院 海洋システム工学部門

工学府 船舶海洋工学専攻

工学部 船舶海洋工学科

川崎重工業(株),ジャパンマリンユナイテッド(株),三井E&S造船(株)の協力を得て創設された造船中核人材育成講座(寄附講座)の研究室。従来の船舶海洋工学に関する教育・研究活動に加えて,産業のニーズに対して高いレベルで応えられる造船・海洋分野において中核となる人材の育成を活動目標の一つとしている。そのために,産学交流セミナー,将来ビジョンに関するディスカッション,産業界の講師による授業,社会人博士課程の積極的な受け入れ,共同研究の掘り起こしなどの活動を行っている。

教育については,船舶海洋工学に関連して材料力学,船体振動学,海洋構造工学などの構造物の強度,振動および流体構造連成問題に関する講義と,卒業研究,修士論文,および博士論文の指導を担当している。

研究については,船舶海洋工学分野における構造振動,流体構造連成問題,新構造物の開発,流力弾性応答,波力エネルギ利用,ライザーパイプ・ケーブルなどの水中線状構造の強度,および残留応力による座屈に関する研究を行っている。

マルチカラム型波力発電の水槽実験

マルチカラム型波力発電の水槽実験

所属教員

安澤 幸隆 教授 /リスティヤント アディプトラ 助教

主な研究テーマ

  • 船体上部構造の振動応答予測の高度化に関する研究
  • 船体タンク構造の接水振動に関する研究
  • 超大型浮体構造物(メガフロート)の波浪中流力弾性応答に関する研究
  • マルチカラム型浮体式波力発電装置の開発に関する研究
  • 海洋水中線状構造物の崩壊強度に関する研究
« 戻る